練馬工場の製作記

パナマ共和国出身の多趣味な人。趣味でラジオ局のスタッフしたり模型工作などいろいろやってます。模型では地元を走る西武鉄道を中心にゆるくやっています。

西武の模型

西武旧2000系をエコノミーキットから作る(1)

IMG_3777
今はディテールに文句なしのGM完成品がありますが
あえてエコノミーキットだけで西武旧2000系を作ってみます。
モデルは最後まで菱形パンタのままで残った2411Fの末期の姿(2008年頃)です。

作ろうと思った経緯は
・西武新宿沿線の都立高校に通っており西武旧2000系に思い入れがあるから
・GMの東武8000系キット(絶版)に収録されているオマケ前面が大量に手に入ったから
・中学時代に「板キットで西武旧2000系を作りたい」と思っていたのを思い出したから

今の鉄道模型工作の風潮は「完成品などをいかに細密化するか」なので
完成品があるものをエコノミーキットでやろうとする人は少ないでしょう。
しかし自分好みの作風にできるエコノミーキットも良いものです。


戯言を書いたところで
今回の製作に必要な素材を上げます。
●前面 … 東武8000系キット付録のオマケパーツ(絶版)
●側窓 … JR101系キット
●上記以外 … 西武新2000系キット & 必要に応じてその他サードパーツ

主な使用素材はこんなところです。
ベースに西武新2000系キットを使う理由は
すでに製作したGMキット製の新2000系と連結したときの違和感をなくすためです。
それでは工作に入りましょう。


◆前面の加工
IMG_3780
古いGMキットらしい全体的に天地が狭めな設計ですね。
窓の大きさにかなりの不満が残りますが加工しきれないので今回は最小限にとどめます。
 
ファイル_002
まずは飾り帯や手すりを削り落とし、裾をプラ板で0.5mmほど延長します。
先に製作している新2000系と繋げるのが目的なので、ライトの位置も新2000系合わせで移設します。(ライトパーツ・飾り帯はBONA、手すりは銀河モデルに換装します)

◆側板の加工
ここが一番の難関になるかもしれません。
まずは新2000系の窓周りを適当な大きさでくり抜きます。
P1130683

そこに同じ大きさに切り出した国電101系の窓枠を移植します。
戸袋窓部には適当な大きさに切り出したプラ板をはめ込み、継ぎ目にベビーパウダーを混ぜた瞬間カラーパテを盛っていきます。
P1130684

瞬間カラーパテはこのblogでも何度か紹介してますが
ベビーパウダーを混ぜると乾燥時の肉痩せが少なく、乾燥するとカッターやノミなどでサクサクと削れるなど、瞬間接着剤よりも作業性が良いのがオススメする理由です。

P1130685
今回もモールドを削るのを覚悟で車体全体をヤスリます。
ヤスリ掛けには牛久保サンダーを使用し、パテ盛りとヤスリがけを何度も繰り返しながら整えていきます。結構気の遠くなる作業ですが、ここを省いてしまうと出来栄えに反映されてしまうので、時間をかけて下地を仕上げるのがポイントです。



次回は車体の箱組です。

西武2047F(2016年仕様)を作ってみる①

P1000123
西武新2000系6連の2047Fを作ってみます。
模型では戸袋窓埋め&ベンチレーター撤去後の姿になった
2014年の姿をモデルにします。


◆戸袋窓埋め加工
c5996b31.jpg
素材にするのはGMの板キットです。
まずは戸袋窓をちょうどよい大きさに切り出したプラ板をはめていき、
裏面から瞬間接着剤で固定し、表面には瞬間カラーパテ(ガイアノーツ製)を盛ります。

表面に瞬間カラーパテを使う理由は
硬化後にサクサク削れるので加工がしやすいのと
ベビーパウダーを混ぜて使用するとヒケが発生しづらい点があるからです。


◆側面全体のヤスリがけ
戸袋窓埋めした部分に盛ったパテを削っていきます。
なおこのキットには幕板に成型時の"ヒケ"があるため、
ヒケを解消するために他のモールドを削るのも覚悟して側面全体をヤスリがけします。

今回のヤスリがけには
アルファモデル製の牛久保サンダーを使用します。
IMG_2955
底面に紙やすりを貼り付けて使用するのですが、
力が偏ることもなく均一に削ることができるし、
戸袋窓を1つずつ削る作業より時間を短縮することが出来ます。

なお、戸袋窓埋め部分のヤスリがけは1度で完璧に処理できないケースが多いので、
綺麗に仕上がるまでは、パテ盛り→ヤスリがけの工程を根気良く何度もやることが重要です。


◆前面の加工

2016-08-13-03-26-01
このキットの唯一の欠点は前面の天地が足らないところです。
なので前面下部にプラ板を貼って裾を延長します。
同時に手すりなどを別体化するので穴も開けておきます。

2016-08-13-03-26-42
他には前面に見える補強板部分を再現するために
0.05mm厚のプラシートを貼り付けていきます。
これだけでも見た目はちょっと実車ぽくなるのでオススメです。


次回から箱組みに入ります。 

はじめに

心機一転ということでblogを移転させました。
旧blogの記事は読みやすく再編集した上でこのblogに移転させるかもしれません。

このblogの目的は、
自らの手で思い入れのある車輌を作って残す…
そんなモデラー(特に西武鉄道)を一人でも多く増やすことです。
これは初代blogから変わることのない目的です。

私の作る模型は数年以内に完成品としてメーカーから製品化されるので
「練馬製品化フラグ工場」という異名がありますが(笑)
製品化にも負けないモデラー魂で突き進みたいと思います!



まずは製作記事を上げてなかったこのあたりから書きたいと思います。
完成品はあるけどあえてエコノミーキットから作る西武電車はじめてみませんか?